猫の種類

雑種の猫ってどのぐらい種類がいるの?猫の種類を一覧にしてみた!


たむ子
三度の飯より猫が好き。
の管理人たむ子でございます。

特に管理人が好きな猫なのは雑種(ミックス)猫でございます。

日本ペットフード協会が「平成30年 全国猫飼育実態調査」を行い調べたところ、
飼育されている猫のうち、約80%の猫が雑種(ミックス)と分かりました。

たむ子
保護されて育てられている方や、
里親さんになられる方が多いのかなと思います。

今や大人気の雑種(ミックス)猫。

雑種(ミックス)猫にも色々な種類や模様がたくさんあります。

調べて一覧にしてみました!

猫好きさんはもちろん、これから猫を飼おうと思われている方にも必見です!

雑種猫の種類(柄・模様)は14種類←管理人調べ

雑種猫と言っても種類はさまざま。
管理人が把握しているだけでも

・黒猫
・白猫
・グレー猫
・ハチワレ猫
・ブチ猫
・ブラックスモーク猫
・サビ猫
・サバトラ(サバ白・白サバ)
・茶トラ、茶トラ白
・白茶トラ
・キジ白猫
・キジトラ
・三毛猫

14種類もの雑種(ミックス)猫がいます。

たむ子
(サバ白・白サバ)を合わせると16種類の模様があるのね

1種類ずつ柄・模様の特徴や性格を紹介していきたいと思います。

さく
頑張って雑種猫博士になるニャ!

雑種猫1・黒猫

全身黒い毛で覆われている猫。

しかし雑種の猫は様々な柄の血が混ざっているので全身真っ黒の黒猫は少ないそうです。
お腹や首回りの一部が白い毛が生えている黒猫も多いです。

我が家の愛猫3匹も黒猫です。

インスタ映えしないとか、前を通られると不吉な事が
起こるとかヒドイ言われようですが、黒猫ファンが多いのも事実。

たむ子
黒猫柄グッズ多いもんね

黒猫の魅力は何と言ってもツヤツヤの毛並み。
黒が毛のツヤ感を引き立てています。

あと全体的に黒毛なので、まんまるおメメがより際立って可愛いです。

性格は甘えん坊で好奇心旺盛!
猫を初めて飼いたい方にも比較的育てやすいと言われている黒猫です。

ゆず
アタイおしゃべりも
大好きニョ♪

⇓黒猫をより詳しく⇓

雑種猫2.・白猫


全身が白い毛で覆われている白猫。

白は縁起が良いとされており、招き猫のモデルも白猫が多いですよね。

雑種の白猫は混合種なので、うっすら柄が入っている事が多いので真っ白!な白猫は珍しいそうです。

見た目が神秘的な印象を持たれやすい白猫。
性格はツンデレな子が多くTHE・猫!な性格が多いようです。
周りに惑わされず我が道を行くマイペースタイプ。

育てるの大変じゃない?と思われがちですがそんな事ありません。
一度心を開いた人間にはとことん愛情深く、甘えてきます。

白猫は全てを白にする遺伝子『W遺伝子』を持っています。
『W遺伝子』は毛色を白にするだけでなく目の色の色素も薄くする働きがあります。
白猫にオッドアイ(左右の眼の色が違う)の猫が多いのもそのためです。

※オッドアイの白猫

⇓白猫をより詳しく⇓

雑種猫3・グレー猫

雑種猫のグレー単色の猫は非常に珍しく探すのは至難の業です。
雑種界ではかなりレアキャラなグレー猫。

雑種は様々な猫の混血なので首付近やお腹が白い毛だったりするグレー猫が多いです。

性格はとても穏やかで協調性も大切にする子が多いとも言われています。
少し怖がりな一面もあります。

⇓グレー猫をより詳しく⇓

雑種猫4・ハチワレ猫

柄や色はともかくハチワレ猫は頭部の真ん中がハの字に分かれている猫。
背中が黒色でお腹が白色のハチワレ猫がいたり、

背中がグレーでお腹が白色のハチワレ猫がいたり、

ハチワレ猫と言っても種類は色々!

ハチワレ猫の主な模様
・黒×白
・茶×白
・グレー×白

性格は社交的で甘えん坊、好奇心旺盛で食いしん坊な猫が多いと言われています。

ハチワレ猫とブチ猫は『白黒猫』とも呼ばれています。

⇓ハチワレ猫をより詳しく⇓

雑種猫5・ブチ猫

ブチ猫は白ベースの被毛に黒・茶などのまだら模様がある猫です。

たむ子
2色からなるまだら模様の猫はブチ猫って言うんですって!

ブチ猫の性格の傾向

・社交的
・甘えん坊
・好奇心旺盛
・食いしん坊

ブチ猫の柄は十人十色!
同じ柄はいないと言われています。

白黒柄のハチワレ猫とブチ猫は『白黒猫』とも呼ばれています。

⇓ブチ猫をより詳しく⇓

雑種猫6・ブラックスモーク猫


黒猫より黒毛が少しだけ薄く、黒色の縞模様が特徴のブラックスモーク猫。

非常に珍しい柄と言われています。

さく
僕もブラックスモーク柄ニャン♪

黒トラ・黒縞と呼ぶ人もいます。

管理人目線でブラックスモーク猫の性格を言いますと・・。
さくに限ってかもしれませんが、

・あまり甘えてきません(甘え下手)
・遊ぶのが大好きです
・食いしん坊
・あまり鳴きません
・怖がり

みたいな性格ですね。
どこか放っておけない、そんな猫です。

⇓ブラックスモーク猫をより詳しく⇓

雑種猫7・サビ猫

黒や茶、赤色の毛がベッコウ模様のように入り混じった柄の猫をサビ猫と言います。
まだら模様すぎて『雑巾猫』とも言われています。

たむ子
もっと他に言い方ないのかしら

個性的な模様をしているサビ猫。
性格は非常に穏やか。
協調性もあり、優しく頭のいい猫です。

猫と適度な距離を持って接したい方におすすめの猫です。
猫を初めて飼う方にも育てやすい猫です。

メスしかいないと言われている種類のサビ猫です。

ゆず
サビ猫は癒し系女子なのね♪

⇓サビ猫をより詳しく⇓

スポンサーリンク

雑種猫8・サバトラ

サバのような銀色(グレー)ベースの縞模様の猫。
全身縞模様のサバトラもいえば、サバトラ柄に白い被毛が入ったサバトラ猫もいる。


写真上:サバトラ
写真下:サバトラ白

性格は陽気でフレンドリータイプと神経質で警戒心強めの2タイプに分かれていると言われています。

綺麗でスマートな体型が多いサバトラ猫。
美形の確率が高い猫とも言われいます。

⇓サバトラ猫をより詳しく⇓

雑種猫9・三毛猫


白・茶・黒の三色のマダラ模様の毛並みの猫。

白・茶色・こげ茶の毛色をした三毛猫はキジ三毛。

縞模様と混合のの毛色をした三毛猫は縞三毛。
白地に茶と黒色が所々に入っているの毛色をした三毛猫はとび三毛。

模様の違いによって呼び方は様々ですが、ひとまとめに『三毛猫』と呼ぶ方が多いです。

オスの三毛猫はかなり希少です。
三毛猫の90%はメス。
母性本能が強く、おとなしく気分屋な子が多い。
人間よりも地位が高いと思っておりそれを自覚している。
頭もよくプライドが高い。
自立した猫が多い。
運動神経も抜群。

ゆず
なんだか才色兼備な感じね

⇓三毛猫をより詳しく⇓
猫の毛色によって性格が違うって本当?雑種の三毛猫の性格と特徴とは

もくじ1 三毛猫の柄の特徴とは?2 三毛猫の性格とは?3 猫を飼うにあたって4 雑種(ミックス)の三毛猫の探し方 白・茶・黒の三色の毛色を持つ猫。 幸せを呼ぶ招き猫のモデルでもある、三毛猫。 外国では ...

続きを見る

雑種猫10・白茶トラ猫


9割がオスと言われてる猫。
白色の被毛をベースに明るい茶色の縞模様がある猫。
縞模様より白色の割合が多いとそう呼ばれるみたいです。

たむ子
白色より縞模様が多いと『茶白トラ』と呼ばれるみたいです。

さく
呼び方が茶と白が逆になるニョね

性格は甘えん坊で人懐っこく食いしん坊な猫が多いです。
猫をベッタリ過ごしたい方や猫を初めて育てる方におすすめの猫です。

里親募集サイトでもすぐ貰い手が見つかる程の人気模様の猫です。

たむ子
肉球がピンクなのも魅力のひとつなのよね

⇓白茶トラ猫をより詳しく⇓

雑種猫11・茶トラ、茶トラ白猫


↑茶トラ


↑茶トラ白

9割がオスと言われている猫。
元気で人懐っこさNO1。人間の友達になれる猫。
食いしん坊なゆえ肥満猫になる確率が高い。
愛されキャラで人間に愛されるすべを持っている。
可愛いアピールも得意。
白の被毛が入る事によって同じ模様でも若干性格の違いがあるようです。

里親募集サイトや保健所などでもすぐ貰い手が見つかる人気模様です。
猫とベッタリ過ごしたい方や猫を初めて飼う方におすすの雑種です。

⇓茶トラ・茶トラ白猫をより詳しく⇓

雑種猫12・キジ白猫


キジ白猫は背中が少し黄色がかったこげ茶色ベース、そして黒色のしま模様が入っています。
お腹から足にかけては白い被毛をしているのが特徴です。
キジ白猫の性格はしま模様部分か、白の毛の部分が多いかで性格が少し変わってくるとも言われている、とても興味深い猫です。
毛色の白の部分が多いとメスはおっとりした甘えん坊+肝っ玉タイプの猫が多い。
オスはマイペースで明るい猫が多いと言われています。
白の部分が多ければ多いほど警戒心が薄いのも特徴です。

⇓キジ白猫をより詳しく⇓

雑種猫13・キジトラ猫


少し黄色がかったこげ茶色ベース、そして黒色のしま模様が全身にある。
日本で一番多いと言われており、一番野生に近い猫。
キジ模様は自然に溶け込める色。
警戒心が強いけど一度心許した人にはベッタリ猫になるキジトラ猫もいます。
性格は気が強く負けず嫌い。
警戒心は強いが仲間思い。
運動神経もいいです。
野生の本能を楽しみたい方におすすめの猫です。

⇓キジトラ猫をより詳しく⇓

雑種猫は寿命が長いって本当?

雑種猫はさまざまな血が混血している為、免疫力が高いと言われています。
身体が丈夫なのは良い事ですね!

雑種猫の平均寿命は15年と言われていますが、ペットも家族同然と考える方が増え、飼い猫の健康状態を把握されている方が多くなった。
さらに医療の発達により20年以上生きる猫が珍しくなくなってきました。

たむ子
キャットフードも良質なものが増えてきているものね

しかし20年以上生きるのは完全室内で飼われる猫の場合です。

外を散歩する事が出来る外飼いの猫はケガや猫同士のケンカなどの外傷がきっかけで感染症や病気を引き起こす可能性があるので、完全室内猫と寿命を比べると少し短いです。
事故に遭う可能性もあります。

同じ雑種の猫でも野良猫の平均寿命は3~5年です。
そのような環境下の中で生まれ、何を食べてきたのか分かりません。
暑さや寒さに耐えきれず命を落としてしまう野良猫や、事故に遭う可能性もあるので寿命が短いです。

野良猫を保護した時、既に病気を発症していて一緒に居られる時間が短い可能性もあります。

雑種猫はペットショップやブリーダー販売されていません!

雑種猫はペットショップやブリーダー販売されていません。
雑種猫を飼っておられる方に愛猫との出会いを聞いてみると、

・里親募集サイト
・友人や知人から引き取った
・野良猫を保護した
・動物病院の『猫を引き取って下さい』の張り紙を見て
・地域情報誌の『猫譲ります』のコーナーを見て

など出会いは様々でした。

たむ子
管理人の愛猫ゆずは里親募集サイトで、さくはゆずの行きつけの病院の看板猫が生んだ猫なので譲ってもらいました

里親募集サイト

全国から猫の里親を募集を募っているので、お住いに近い雑種の猫を探す事ができます。
個人の応募はもちろん、動物愛護センターからも猫の里親募集が掲載されています。
・性別
・年齢
・ワクチン接種有無
・去勢避妊手術有無
・性格や特徴
・健康状態
・応募経緯
・譲渡条件
(家族構成などの個人情報提出、多頭飼い有無、猫の様子を要連絡など)
・トライアル期間有無

猫に関する情報が詳しく書いてあるのて里親の検討を非常にしやすいです。
病院代やワクチン接種費用を譲渡費用にされている保護主さんもおられます。

保護主さんとのやり取りは基本サイト内のメールになりますが、即日引き取れるわけではありません。
まずは気に入った猫とのお見合いや相性などを確かめた上で譲渡が決まります。

⇓主な里親募集サイト⇓
ペットのおうち
ジモティー

猫の譲渡会

近年盛んになっている猫の譲渡会。
自治体やNPO法人、動物愛護センターの方が保健所などから保護した猫を里親を希望される方に譲り渡す会です。

渡会は屋内で実施されます。予約なしで自由に参加できる譲渡会もあれば、猫達に会う前に受付でアンケートを記入(家庭環境など)が必要な譲渡会もあります。
譲渡会に参加する前に審査や講習会の受講を必要とする譲渡会もあります。

たむ子
譲渡会を主催される団体によって参加条件が異なりますので、事前に調べてね

・家族構成(既婚・未婚、子供の有無、年齢、同居人数)
・生活環境(猫を飼育するのに適しているか)
・身分証明書などの個人情報の提出
・譲渡後の定期的な報告

譲渡会を主催する団体によって譲渡条件は違いますが、厳しい譲渡条件が多いです。
譲渡会を行う愛護センターでは猫を譲渡する際、調査票(ライフスタイル)を書く事が義務付けられています。

『猫に二度と辛い思いをさせたくない』という保護主さんの気持ちが譲渡条件を厳しめにされているのが多いです。

お住まいの地域の動物愛護センター・保健所

お住いの地域によって動物愛護センターと呼ばれいます。
野良猫や迷い猫、捨て猫、多頭飼い崩壊をした猫など、さまざまいます。
センター内にはトリミング施設や健康状態を調べる診察室があるので、猫はいつも綺麗で健康です。お住いの愛護センターによって譲渡条件は異なります。
ちなみに管理人が住んでいる地域の動物愛護センターの譲渡できる条件を調べてみたら

・そこの地域に居住している成人で、譲渡希望が飼養者本人であること
・ペットの不可の住宅に住んでいないか
・飼い主としても責任を持ち、家庭において最後まで適正に飼育が出来る事
・譲渡前講習会を受ける事
・調査票の記入(家族構成など)

身分証明書や印鑑が必要です。
譲渡会を行う愛護センターでは猫を譲渡する際、調査票を書く事が義務付けられています。

保護された猫たちはいつまでも愛護センターや保健所にはいません。
収容期限が決められており、猫の収容期限を過ぎたら殺処分されます。

近年、猫を保護される方が増加したのか、殺処分数は減っていると言われていますが、それでも年間6.7万引きの猫が殺処分されいます。

厳しい譲渡条件が数多くありますが、不幸な雑種猫達がこれ以上増えない事を望むばかりです。

雑種猫の種類一覧のまとめ

今回は管理人が知っている限りの雑種猫の種類(模様・柄)を紹介してきました。
その柄の猫もみんな似ているようでどこか違う、唯一無二の模様です。

気になった種類の雑種猫については性格の特徴や模様の事など詳しく書かせてもらっているので『詳しくはこちら』を見て頂けると有難いです。

また雑種猫の探し方など書かせてもらったので、ご興味のある方は一度見てもらえると嬉しいです。

-猫の種類

Copyright© 毎日のほほんねこ日和 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.