猫にNG食材

知らなかった!人間がOKでも猫に絶対食べさせたらダメな危険食品【肉編】

投稿日:2017年5月10日 更新日:


管理人愛猫:まめ

私たち人間がご飯を食べている時、
猫ちゃんがが物欲しそうにこちらを見ている・・。

そんな事ありませんか?

可愛い顔で見つめられると、ついあげたくなっちゃう。

でもちょっと待って!!

私たちが普段美味しく食べている調理された食事や食材。

その中には猫に与えてはいけない・食べさせてはいけない食材があります。

猫が食べたら危険な食材【お肉編】と題して、

食べたら危険なお肉をまとめました!!

生の豚肉


人間も生の豚肉を食したらいけない!!ですよね。
猫も同じで、生の豚肉は危険です。

生の豚肉には『トキソプラズマ』という寄生虫がいます。
十分に加熱しないと死滅しません!!

若い猫ほど危険が高いと言われており、
『トキソプラズマ』はなんと猫のみ体内で
完全に成長します!!
怖いですね。

大量のレバー


栄養価の高いレバー。
鉄分豊富で猫にも食べさせたい・・。
でも摂りすぎは絶対NGです!

レバーに含まれる『ビタミンA』を過剰に摂取してしまうと、
『ビタミンA過剰症』という病気を引き起こしてしまい、
骨の変形や歩けなくなってしまいます。

スポンサーリンク

記事下

鶏などの硬い骨

鶏の骨は非常に硬く、砕いたり噛んだりすると
鋭く尖ります。

こちらを飲み込んでしまうとのどや消化器官などを
傷つける恐れがあります。

火を通した骨は特に刺さりやすくなります。
鯛の骨も危険です。

胃腸障害や喉の炎症、嘔吐などを引き起こす可能性が
あるので非常に危険です。

ドッグフード

ドッグフードは名前の通り、犬専用に作られている食事です。
猫に与え続けた場合栄養が偏り、栄養不足になる可能性もあります。

猫ちゃんにはやはり、キャットフードを食べさせてあげて下さい。
猫ちゃんおすすめのキャットフードはこちら
愛猫に優しい食事を!猫も喜ぶグレインフリー(穀物不使用)ドライフードのすすめ!

最後に

お肉の他にも、私たち人間が食事している食事は、

猫にとって塩分や糖分が強すぎたり、
香辛料などのスパイスが効いているものが
多々あります。

猫の体はとても小さく、人間の一口の大きさの
食事も猫にとっては15倍もの摂取量になります。

『ちょっとあげよう♪』が
思わぬ病気を引き起こしてしまう可能性も・・。

なるべくキャットフードなど、猫専用のご飯を食べさせて下さい。

様子がおかしいなと思われたら早めに
動物病院で診てもらうことをおすすめします。

お肉の他に、【魚介類編】【人間の食べ物編】【野菜・その他編】もあります。
是非こちらもご覧になって下さい。
重要!人間がOKでも猫に絶対食べさせたらダメな危険食品【魚介類編】
→ ダメ!人間がOKでも猫に食べさせたら危険な12食品【人間の食べ物編】
→ 人間がOKでも猫に絶対食べさせたら危険食品9選!【野菜・その他編】

記事下

記事下

-猫にNG食材

Copyright© 毎日のほほんねこ日和 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.