猫にNG食材

重要!人間がOKでも猫に絶対食べさせたらダメな危険食品【魚介類編】

投稿日:2017年5月10日 更新日:

目次

猫って魚介類を見ると
『ニャー(=^・^=)』
って寄ってくることないですか?

テレビ番組などでも猫が漁港で魚をくわえて歩いてる光景を
見たりする事もありますよね。

猫が大好物な魚介類でも摂取したらいけない・
摂取を控えめにした方が良い食材があります。

猫が食べたら危険な食材【魚介類編】と題して、

食べたら危険な魚介類をまとめました!!

アワビ・サザエ・トリガイなどの貝類

「猫がアワビを食べると耳が落ちる」

と恐ろしい言葉があるぐらい、
なんとなく、食べさせたらアカン雰囲気が漂っている貝類。

はい、食べさせてはダメです!

貝類に含まれる毒成分『ピロフェオホルバイドα』
日光に当たると紫外線と反応し活発化されます。

こうした貝を猫が食べてしますと、

「光線過敏症(日光アレルギー)」を引き起こします。

皮膚炎・皮膚病などを発症し、最悪の場合壊死してしまいます。

2~5月は貝の毒素が強いので注意です。
本当に肌がボロボロになります。

猫が食べられる貝はホタテ貝。貝柱の部分だけです!

※生は決しておすすめしません。特に内臓に注意が必要です。

イカ・タコ・スルメ、甲殻類


※生は決しておすすめしません。特に内臓に注意が必要です。

イカやタコ甲殻類には『チアミナーゼ』という酵素が含まれています。
『チアミナーゼ』は猫にとっても必よな栄養素『ビタミンB1』
破壊してしまう恐れがあります。

しかし加熱すると『酵素チアミナーゼ』が破壊されます。
食べても大丈夫なのでは?と思ってしまいますが、
消化にも悪いですし、おすすめはしません。

スルメは水分を含むと10倍以上膨らむことが
あります。
猫の小さな体で膨らんでしまったら、食道に詰まったり、
腸を通過する事が出来なくなる可能性もあります。

スポンサーリンク

記事下

鯛の骨などの硬い骨のもの

猫に絶対食べさせたらダメな危険食品【肉編】で、
紹介しました鶏の骨同様、鯛などの丈夫で硬い骨には注意が
必要です。
知らなかった!人間がOKでも猫に絶対食べさせたらダメな危険食品【肉編】

これらの骨は噛んだり、砕けたりすると針のよう
鋭く尖ります。

飲み込んでしまうと消化器官や喉などを傷つけてしまう
恐れがあるので、食べさせないでください。

さらには胃腸障害、嘔吐なども引き起こす可能性が
あるので非常に危険です。

サンマやアジ、サバなどの青魚

猫=青魚をくわえているイメージがありますが、
過剰摂取、生で食するのは非常に危険なんです!!

大量に食べ過ぎると青魚などの魚介類に含まれる
『不飽和脂肪酸(フホウワシボウサン)』
酸化し、体内のビタミンEが破壊。

そして体内の脂肪が黄色に変色し異臭を放つ
『黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)』を発症しやすくなります。
ビタミンEが不足していると特にかかりやすいです。

こちらは魚を粉砕した餌を食している家畜(特に豚)の発生が多くみられます。

症状としましては、触られるのをすっごく嫌がったり、
進行するとお腹にしこりが出来たりします。
歩き方もおかしくなります。

※不飽和脂肪酸(フホウワシボウサン)…中性脂肪や悪玉コレステロールを
減らし、血液をサラサラにしてくれる油のことです。

煮干し・鰹節


人間用の煮干しや鰹節も与えてはいけない食材のひとつです。

煮干し・鰹節にはミネラルやマグネシウムなどが豊富に含まれており、
それらの成分が結石を引き起こしやすくなります。

猫の消化器官・臓器は非常にデリケートです。
ただでさえ泌尿器系の病気になりやすいので、
与えるなら猫用のを少々与える程度にして下さい。

海苔


管理人の猫も海苔の香りが大好きで、おにぎりを作っていると
必ず寄ってきます。
追い出しますが・・。

海苔も結石になりやすいので、与えないようにしましょう。
味海苔は、味付けが濃いですから注意ですね。

最後に

魚介類大好きな猫ちゃん。
意外にも食べてはいけない・控えめにしないといけない
食材が多かったですね。

魚介類もそうですが、
人間が食べるもの(調理済みも含む)は
極力避けた方が無難だと思います。

魚介類編の他に、【お肉編】【人間の食べ物編】【野菜・その他編】などもあります。
是非こちらもご覧になって下さい。
知らなかった!人間がOKでも猫に絶対食べさせたらダメな危険食品【肉編】
ダメ!人間がOKでも猫に食べさせたら危険な12食品【人間の食べ物編】
→ 人間がOKでも猫に絶対食べさせたら危険食品9選!【野菜・その他編】

基本的には猫ちゃん専用のおやつや
キャットフード以外食べさせない方がいいかもしれません。
愛猫にはいつまでも健康に長生きをしてもらですもんね♪
愛猫に優しい食事を!猫も喜ぶグレインフリー(穀物不使用)ドライフードのすすめ!

記事下

記事下

-猫にNG食材

Copyright© 毎日のほほんねこ日和 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.