猫が亡くなったら

愛猫の死。保冷剤で頭・腹を冷やそう。火葬までの保存期間とは?

愛猫の死• • •。
死因は病期や自然死、事故死など様々です。

死因は何にせよ、
深い悲しみなのは変わりないですね。

亡くなっても出来るだけ一緒に居たい。
火葬まで何日ぐらい一緒にいられるのか。

保冷剤の重要性と火葬まで何日ぐらい
保存出来るかについて紹介します。

保冷剤の重要性

生きてるもの全て亡くなってしまったら、
臓器機能が停止してしまいます。

動かなくなった臓器は腐敗が始まります。
腐敗を少しでも防ぐために
保冷剤で冷やす必要があります。

臓器の多いお腹の部分と、
脳がある頭の部分を冷やす必要があります。

「うちの子寒がりだったから• • •」

猫って寒がりな子多いですよね。。

直接保冷剤を体に付けなくていいです。
タオルやガーゼに保冷剤を巻いて
保冷剤を当てるか、
猫の体に1枚タオルを添えてから
保冷剤を置いてもいいと思います。

保冷剤の数は大きさにもよりますが、
スーパーやケーキ屋さんで頂ける保冷剤の
大きさですと、お腹で3~4個
頭は2個ぐらいでいいかと思います。

保冷剤が溶けてたら取り替えます。

保冷剤は腐敗を遅らせる非常に重要な
アイテムです。

すぐに葬儀・火葬しない場合は特に必要です。

体を清めて体制を整えてから保冷剤

猫が亡くなったから、すぐ保冷剤!
ではなく、まずは体を綺麗に清めてあげてください。

死後硬直するまでにだいたい2時間程だと
言われています。

硬直してしまう前にブラッシングをしたり、
爪を切ったり綺麗にしてあげて下さい。

綺麗にした後、足を少し曲げるなど
体勢を整えてあげます。

清め方・安置方法について
詳しく掲載させて頂いてます。
是非ご覧になって下さい。
愛猫が死んでしまった。どうすればいいの?安置方法や体の清め方とは

動物病院でも清めて頂けます。

スポンサーリンク

猫の保存期間は?

季節で若干異なります。


風通しのいい部屋で3~4日。


クーラーの効いた部屋で2~3日。


風通しのいい部屋で3~4日。


寒い時期で5日程。

連絡する葬儀会社によって
日数のズレは多少あるかと思いますが、
管理人が問い合わせた葬儀会社では
このような回答でした。

これも重要なのですが、
ペットシートバスタオル
猫ちゃんの下に敷いて下さい。

臓器機能が停止している為、
体液や汚物などが時間が経つと共に
出てきます。

それらを吸収するために敷きます。

出てきたらティッシュやガーゼなどでも
優しく拭き取りましょう。


こんな感じで。
頭に保冷剤して下さいね。

しっかり保存出来る状態になったら、
葬儀・火葬会場、ペット霊園など
探しましょう。

葬儀・火葬の種類についてはこちらを
是非ご覧になって下さい。
飼い猫の死。ペット葬儀(火葬)の種類や費用は?ペット葬儀をリサーチ

最後に

猫は寒がりな生き物。
体を冷やすなんてとんてもない!
私自身泣きながら体を冷やしました。

だんだん冷たくなる我が子当然の愛猫に
すっと抱き着いて葬儀の日まで一緒に
寝ていました。
一緒に体があるうちにたくさん触って下さい。

-猫が亡くなったら

Copyright© 毎日のほほんねこ日和 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.