キャットフードを考える

猫に必要な栄養素とは?愛猫がいつまでも健康で長生きしてもらう食事とは?

投稿日:2017年4月9日 更新日:

目次

  • 猫に必要な栄養素、たんぱく質
  • 猫に必要な栄養素、脂質
  • 猫に必要な栄養素、ビタミン
  • 猫に必要な栄養素、ミネラル
  • 猫に必要な栄養素、炭水化物
  • 最後に
  • 猫ちゃんも人間と同じように必ず摂らなければならない
    栄養があります。

    ・たんぱく質
    ・脂質
    ・炭水化物
    ・ビタミン
    ・ミネラル

    こちらの5項目の栄養が猫ちゃんにとって
    必要不可欠な栄養素となります。

    なぜこちらの5項目の栄養が必要なのか、
    どのぐらい重要なのか、猫の体にとってどのような働きが
    あるのでしょう。

    猫ちゃんに必要な『5大栄養素』について調べ、
    勉強しましたので、お話したいと思います。

    参考にして頂ければ嬉しいです。

    猫に必要な栄養素、たんぱく質

    5大栄養素の中でももっとも重要と言われている
    栄養素が『たんぱく質』と言われています。

    たんぱく質は人間にとっても必要な栄養素のひとつですよね。
    スポーツ選手や筋肉をつけたい人が
    積極的に摂っているイメージもあります。
    鶏のささ身や赤みの肉などヘルシーなイメージもあります。

    猫ちゃんにもすごく大切で、筋肉を作るたけでなく、
    血液を作ったり、血管や皮膚、毛などの
    体を形成し丈夫に健康に保つ為に必要な栄養素なのです。

    たんぱく質が不足してしまったら、筋力が減って
    元気がなくなったり、老化が進んだり、
    色々な支障が出てきます。

    猫はトラやライオンなどと同じ肉食動物です。
    猫の体は積極的にたんぱく質を分解する働きがあるので、
    高たんぱくな食事が必要をされます。

    たんぱく質にも種類があり、
    穀物から摂取できる植物性たんぱく質
    <赤身の肉から摂れる動物性たんぱく質

    の2種類がありますが、猫ちゃんは穀物の消化とても苦手と
    していますので、動物性たんぱく質がたくさん入っている
    キャットフードを選んで下さい。

    穀物が入っていないグレインフリーのキャットフードを
    おすすめします。

    → 愛猫に優しい食事を!猫も喜ぶグレインフリー(穀物不使用)ドライフードのすすめ!

    猫に必要な栄養素、脂質

    脂質も猫ちゃんとってとても必要な栄養素です。

    脂質は体や脳を動かすのに必要なエネルギー源になります。

    また脂質を摂る事で新陳代謝を行ったり、
    毛並みの艶の維持や、体温保持や臓器保護など
    体を潤わせてくれる役割をしています。
    ビタミンの吸収を助けてくれる役割もしてくれます。

    与えすぎると肥満になってしまう可能性があるのですが、
    与えなさすぎると毛並みが悪くなったり、
    怒りっぽくなったり、内臓系の病気を引き起こしてします可能性も・・。

    脂質の中でもアラキド酸と言う成分は
    猫に特に必要な脂肪酸と言われています。
    不足すると、元気がなくなり毛艶が悪くなります。
    さらに繁殖機能・血液凝固など体に様々な影響を与えます。

    アラキド酸は体内で作る事が出来ない必須脂肪酸です。
    レバーや魚に多く含まれていると言われています。

    猫に必要な栄養素、ビタミン

    猫ちゃんにとってビタミンも生きていくのに欠かせない
    とても大切な栄養素です。
    体の調子を整えてくれます。

    ビタミンと言っても
    脂肪にとける「脂溶性ビタミン」(A、D、E、K)
    水分にとける「水溶性ビタミン」(B群、C)
    あります。
    猫はビタミンKとビタミンCを体内で合成する事ができますが、
    ビタミンA、B1、B2、B6、Dなどは合成する事が出来ないので
    食事で摂取する必要があります。

    スポンサーリンク

    記事下

    脂溶性ビタミン

    〇ビタミンA
    病気などの感染予防。

    〇ビタミンK
    出血した際の止血

    〇ビタミンD
    カルシウムやリン酸といった栄養を吸収を助ける。
    骨の形成にも不可欠。

    〇ビタミンE
    疲れを緩和したり血栓を予防します。

    水溶性ビタミン

    〇ビタミンB2
    皮膚や毛などの健康維持。

    〇ビタミンB1
    欠乏すると体重が減ったり、脳にダメージ。

    〇ビタミンB3
    必須栄養素です。

    〇ビタミンB6
    皮膚疾患予防や成長期に必要なビタミン。

    〇ビタミンB12及びビタミンM(葉酸)
    貧血を予防。どちらが欠けてもダメ。

    〇ビタミンC
    免疫力を高め、ホルモンを生成します。

    〇パントテン酸
    ストレスの緩和、外傷の治癒に必要。

    〇ビオチン
    エネルギーを溜めたり、アミノ酸の代謝、
    タンパク質の合成ねど体を作るのに必要な栄養素。

    〇タウリン(アミノ酸)
    子猫~成猫になる成長期に特に重要です。
    摂取しないと網膜変性や失明、拡張型心筋症など
    怖い病気を引き起こす要因になる事も。

    〇コリン
    皮膚を乾燥から保護してます。

    ビタミンは野菜や魚などに多く含まれています。
    高たんぱくで、ビタミン豊富なキャットフードを
    おすすめします。

    猫に必要な栄養素、ミネラル

    ミネラルは猫にとって適度に必要な栄養素です。
    ミネラルは体液のバランスを保ち、
    神経や筋肉を活発にする役割をもっています。

    あまり摂りすぎると結石ができやすくなり、
    泌尿系の病気を引き起こす可能性があります。

    猫に必要な栄養素、炭水化物

    猫にとって炭水化物はあまり必要な栄養素ではありませんが、
    炭水化物には毛玉ケアや腸内環境のバランスを整える
    食物繊維が含まれています。

    猫ちゃんが炭水化物を摂りすぎるのは
    高血糖、尿糖、下痢、肥満の原因になるとも
    言われていますので、注意が必要です。

    穀物不使用のグレインフリーのキャットフードも
    あるぐらいですので『炭水化物はついで』ぐらいに考えといてください。

    キャットフードをご購入される際は、
    炭水化量を注意して下さい。

    最後に

    猫ちゃんは他の動物と違い、体に必要なアミノ酸、
    ビタミンなど体内で変換する事が出来ない動物です。
    必要な栄養素をキャットフードで摂取する必要があります。

    可愛い猫ちゃんの必要な栄養素を知って
    猫ちゃんがより健康で長生き出来るよう、
    キャットフードにも気をかけていきたいですね♪

    記事下

    記事下

    -キャットフードを考える

    Copyright© 毎日のほほんねこ日和 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.