キャットフードを考える

知らなきゃいけない!キャットフードに入っていると危険成分とは?!

投稿日:2017年4月22日 更新日:


キャットフードの成分・原材料の表記って見たことありますか?
私は正直、まめ(我が家の愛猫)を飼い始めた時、
キャットフードの表記を見て買った事ありませんでした。

ある日長年猫を飼われている方に

『こんなの食べさせてたの?!長生きしてほしかったら餌も大事だよ。』

と教えて頂き、キャットフードの成分・原材料などについて勉強し、
表記を見るようになりました。

まめは現在、アレルギーの為、
病院で処方してもらっている療養食を食べています。
療養食の表記もしっかり見てキャットフードを与えています。

猫ちゃんにとって、危険な成分・原材料をしっかり勉強し、
まとめましたのでご紹介したいと思います。

キャットフードを買う時の参考にして頂ければ嬉しいです。

また体に優しいキャットフードの選び方についても紹介していきます♪

危険な成分・原材料はこれ!!

猫にとって危険な成分・原材料をまとめました。
海外では使用が禁止されているほどの危険な成分もあります。

愛猫の為に是非、参考にして下さいね。

猫ちゃんにとって危険な成分・原材料まとめ。添加物編

名前(表記名) 危険な理由
二酸化チタン 着色料。発がん性、アルツハイマー、不妊
赤色2号、102号 着色料。アレルギーや発がん性の疑いがあり米国カナダなど使用禁止の国が多い。
黄色4号、5号 着色料。喘息やアレルギーの可能性。じんましんに注意。
青色1号 着色料。発がん性の疑いあり、欧州諸国では使用禁止されている。
BHA、BHT、エトキシキン  酸化防止剤。人間の食品には使用禁止。発がん性になる可能性。
プロピレングリコール 防腐剤・保湿剤。貧血。目や皮膚の障害になる可能性。
ソルビン酸 防腐剤。亜硝酸ナトリウムがあると発がん性の可能性。
増粘安定剤 単体では問題ないが発がん性物質と併用すると発生確率が上がる。

 

ズラズラーと書きましたが、危険な理由を見るとどれもゾッとするような
理由ですよね。
実際に記載されているキャットフードがあるので、

是非一度チェックしてみて下さい!

キャットフードを長持ちさせる為に、たくさんの防腐剤・保存料を使用し、
猫が好むように香りづけされ、わざと味を濃くされています。

肥満やアレルギーの原因にもなりかねませんので注意してください。

保存料が使われていないに越したことはないのですが、
やはり腐りやすく、保存がきかなくなってしまうので

保存料は天然由来・自然由来のものをチョイスされてみては
いかがでしょうか。

〇アスコルビン酸
〇トコフェロール混合物

と表記されているのがは天然由来・自然由来の保存料です。

猫ちゃんにとって危険な成分・原材料まとめ。肉編

猫はライオンやトラと同じネコ科の動物ですよね。
やはりお肉の原材料も大切となっています。

猫の体にとって、とても大事なたんぱく源。
その大事なたんぱく源も危険な影がひそんでいます。

名前(表記名) 備考
加水たんぱく質 4Dミートを加工したたんぱく質
動物性油脂 4Dミートの油脂
家畜副産物 不明の家畜の内蔵や爪などの肉以外の部位
ミートミール 何の肉かわからない4Dミートに肉副産物をまぜたもの
豚副産物 肉以外の部位

 

ミートミールって名前のお肉、
何の肉か分からないものが混ざっているって怖くないですか?
絶対食べたくないですよね。

4Dミートも何?って感じですよね。

4Dミートも人間が絶対に口にしない食品・お肉の事を
言います。

・DEAD   死んでしまっている動物の肉
・DISEASED 病気だった動物の肉
・DYING   死にかけの動物の肉
・DISABLED 障害があった動物の肉

これらの肉が4Dミートと呼ばれています。
人間が食べないお肉なので、処分に困り
猫ちゃんのキャットフードの中に入れているんですね。
さらに安価で仕入れる事が出来るので大量に作る事が
出来ます。

キャットフードを選ぶポイントは原材料の表記が

『家禽ミール』
『ミートミール』
『肉副産物』
『肉類』
『魚類』

と曖昧に表記されているキャットフードではなく

『サーモン』
『鶏』

などはっきり名前が書かれているものを選んで下さい。

猫ちゃんにとって危険な成分・原材料まとめ。穀物・炭水化物編

名前(表記名) 危険な理由
セルロース 新聞やダンボールなどを含む場合も。便秘になりやすい。
ビートパルプ 甜菜(てんさい)から糖蜜を取ったカス。便秘になりやすい。
コーングルテン トウモロコシからデンプンを取った残りカス。タンパク質のカサ増し。アレルギー誘引物質。
精製小麦、精白小麦粉 栄養価が低いく糖尿病になりやすい。
大豆ミール、脱脂大豆 廃棄した大豆の残りカス。増量目的。鼓腸症なりやすい。

猫はトラやライオンなどと同じ肉食動物ですよね。
ネコ科の動物は米や小麦、トウモロコシ、大豆などの
穀物・炭水化物の消化を非常に苦手としています。

穀物を消化する酵素をもっていません。

キャットフードの中には肉ではなく穀物・炭水化物が主原料と
されているものもあります。

しかし炭水化物は、猫の腸内環境を整えたり毛並みを美しく
保つなど、微量ながら必要
です。

しかしあまり食べ過ぎると肥満になったり、アレルギー
引き起こす可能性があります。

原材料の表記に穀物・炭水化物が先頭に書かれていないのを
選んで下さい。

最近では穀物不使用(グレインフリー)のキャットフードが
話題になっています。

こちらが穀物不使用(グレインフリー)のキャットフードになります。

シンプリープレミアムキャットフード
子猫からシニア猫まで食べられるキャットフード。
グレインフリーの自然派キャットフードです。

猫ちゃんを1番に考えた理想のごはん『シンプリー』
色々なグレインフリーのキャットフードを試したい方におすすめの
トライアルセットもあります。
1,000円で様々なキャットフードをお試し出来ますので、
猫ちゃんのお気に入りのキャットフードが見つかると思います。


プレミアムキャットフード専門店『tama(たまのおねだり)』

穀物不使用(グレインフリー)をより
詳しく知りたい方はこちら。
→ 愛猫に優しい食事を!猫も喜ぶグレインフリー(穀物不使用)ドライフードのすすめ!

猫に必要な栄養素についてより詳しく知りたい方はこちら。
→ 猫に必要な栄養素とは?愛猫がいつまでも健康で長生きしてもらう食事とは?

病気のリスクや寿命が縮まる高くなる可能性も!!

危険な添加物や4Dミートなどが入ったキャットフードを
毎日食べるという事は人間で言うとジャンクフードを毎食
食べる事と同等と言われています。

ジャンクフードを毎日食べていると体壊してしまいますよね。

猫ちゃんも同じで病気になりやすく、アレルギーを
引き起こす可能性があります。肥満にも注意ですね。

口臭がしてきたりと色々なリスクが出てくる可能性があります。

医療費がかかってしゃーないです。

猫ちゃんも可哀相です。

飼い主様が危険な成分・原材料を把握する事で、
大切な猫ちゃんの健康を守ってあげる事が出来ます。

最後に

私はキャットフードに関して非常に無知で、
表記なんで見ないで安くて安価な
キャットフードを与えていました。

とても後悔しています。

キャットフードが原因じゃないかもしれませんが、
我が家のまめは低アレルギーです。

まめのアレルギーは私のせいなのではないのか?
と考える時もあります。

愛猫にはいつまでも健康で元気にいてもらい、
長生きしてもらいたいですもんね。

猫は自分で健康管理が出来ないので、飼い主様の
腕にかかっています。(プレッシャーですね)

何が入っているかわからないキャットフードはやめて、
猫ちゃんの為に作られた体に優しいキャットフードを
選んでいただけたらなぁと思います。


↑まめちゃんです。

記事下

記事下

-キャットフードを考える

Copyright© 毎日のほほんねこ日和 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.