猫の保険

猫のペット保険どこがいい?選び方のポイントと保険会社10社を紹介!

投稿日:2018年6月4日 更新日:

ペットの家族化が進み、
最近注目を集めている猫のペット保険。

可愛い猫の為にペット保険に
加入をしたいけれど
多すぎてどこを選んでいいのかわからない!

病気やケガなどをしても
保険に加入していれば、
半分以上の医療費が抑えられます。
※加入する保険内容によります。

人間と違って猫ちゃんの医療費は
100%負担しないといけません。

もしもの時に備えて入っておきたいペット保険。

管理人たむ子が思うペット保険の選び方の
ポイントの紹介と、
代表的なペット保険会社10社を
紹介したいと思います。

今すぐ資料請求したい方はこちら
ペットの保険選びは保険スクエアbang!ペット保険比較

たむ子が思う保険会社を選ぶ時のポイントとは?

ペット保険の選び方のポイントは
何言っても安くて保険の補償内容が
充実している事!

これに越したことはないですよね!

猫の今の年齢の保険料を見て
保険会社を選んでしまいがちですが、
その選び方、危険です!!

0~3歳は比較的どこも安いです。
なぜ那安いのか?
それは病気になるリスクが
比較的低いからです。

保険料が高くなり始めるのは
シニアと呼ばれるようになる9歳頃からです。

たむ子
保険を加入する時は
若い時の保険料だけではなく、20歳頃まで(終身)の保険料も
確認した方がいいわね

初めて猫を飼われる方には、
ちょっとした疑問や悩みを相談できる
相談窓口が
ある保険会社がいいかもしれません。

獣医師や専門家の方が対応してくれるので、
心強いかと思います。

保険会社を選ぶポイントまとめ

・相談窓口がありサポートが充実している所
・高齢になっても保険料が急に上がらない所
・補償限度額・日数が多いところ
・猫がよくなる病気に対応している保険
・どこの動物病院でも使える保険
・少しの医療費も保険でまかなえる所
たむ子
私の希望を全て
書き出しました!

やっぱり加入するからには
自分の条件にあった
保険会社に加入したいですよね。

ではいよいよ本題のペット保険の
詳細&特徴を紹介していきます!

人気ペット保険会社10社の特徴&詳細


写真の資料全部読みました。

真剣に読んで勉強させて頂きました!

徹底的に紹介させて頂きます。

ゆず
気になる保険会社があれば
資料請求も出来ます。
是非チェックしてニャ↓↓↓

今すぐ保険を比較する!

PS保険

〇特徴〇

・ペットセレモニー特約がある
・新規加入生後1ヵ月から満9歳未満
・最低診療費の設定がないから
少額の医療費も請求できる
・車いす費用が補償
・免責金額無し
・全国の動物病院が対象
・インターネット申し込み割引あり

 

保険補償割合プラン 100% 70% 50%
保険料猫0歳

(オプション特約有の場合)

2,560円 2,050円 1,480円
通院の支払限度額・日数 10,000円/日(20日迄)・年間最大20万
入院の支払限度額・日数 20,000円/日(30日迄)・年間最大60万
手術の支払限度額・日数 100,000円/回(2回迄)・年間最大20万
年間限度額(通院・入院・手術・車いす) 最大110万円
保険料の上がり具合 比較的ゆるやか
免責金額(自己負担金) 無し
オプション特約 あり(ペットセレモニー特約)
生涯保険料(0~20歳)特約有 975,140円 759,690円 621,420円

PSペット保険公式サイト

パンフレットを拝見していたら
0歳から終身の保険料の金額表が(月額と年間)
記載されておりとても分かりやすく
計算しやすいパンフレットでした。

1回の治療費が少額でも補償されています。
歯の治療も補償対象なのも珍しいです。
ペットセレモニー特約があるのが
とても魅力を感じました。

保険料は他の保険会社と
比べると少し高めですが、
補償内容でカバーされていると思います。

保険料の上昇がゆるやかなのも
いいです◎

ガーデンいぬとねこの保険

〇特徴〇

・加入年齢は生後31日以上~満10歳
・総額補償型
・治療1日あたりの日額制限・回数制限がない
・多頭飼い、マイクロチップ、無事故割引あり
・谷型保険料金体系なので
3~6歳まで保険料が安くなる
・免責金額(保険金を請求するのに支払う費用)なし
・インターネット割引あり

いぬとねこの保険には『プラチナプラン』
『ゴールドプラン』があります。

まずは通院入院手術を補償してくれる

『プラチナプラン』から。

プラチナプラン補償割合 90% 70% 50%
保険料猫0歳 2,680円 2,090円 1,490円
通院の支払限度額・日数 なし
入院の支払限度額・日数 なし
手術の支払限度額・日数 なし
年間補償限度額 90万円 70万円 50万円
保険料の上がり具合 谷型保険料体型で1歳から徐々に保険料が下がる。そして6歳以降ゆるやかに上昇
免責金額 なし
オプション特約 賠償責任特約あり
生涯保険料(0~20歳まで) 1,076,440円 837,120円 600,090円

 

通院を重視した保険『ゴールドプラン』を

紹介します。

ゴールドプラン補償割合 90% 70% 50%
保険料猫0歳 2,680円 2,090円 1,490円
通院の支払限度額・日数 なし
年間補償限度額 90万円 70万円 50万円
保険料の上がり具合 谷型保険料体型で1歳から徐々に保険料が下がる。そして6歳以降ゆるやかに上昇
免責金額 なし
オプション特約 賠償責任特約あり
生涯保険料(0~20歳まで) 656,160円 510,310円 364,590円

 

いぬとねこの保険公式サイト

通院や入院などにかかった費用から、
単純に加入したプランのパーセンテージを
差し引いた額が補償されるので非常に
計算しやすい保険です。

保険料が右肩上がりではなく、
病気のリスクの少ない年齢は保険料が
安くなる
がその後上がり続けます。

20歳までしか継続できないので、
悩むところです。

歯の治療は補償対象外です。

FPCフリーペットほけん

〇特徴〇

・50%70%補償プランのみ
・継続しやすく分かりやすい値段設定
・免責金額なし
・すべての動物病院対応
・入院の補償に日数制限はない
・生後30日~満9歳まで加入可能
・割引や特約はない
・手術は年1回まで補償
保険補償割合 70% 50%
通院の支払限度額・日数 12,500円/日(年間30日まで)
入院の支払限度額・日数 12,500円/1入院(年間3入院まで)※入院は日数制限なし
手術の支払限度額・日数 100,000円(年1手術のみ)
年間補償限度額 850,000円
保険料の上がり具合 3段階に上がる。比較的ゆるやか
免責金額 なし
オプション特約 なし
生涯保険料(0~20歳まで) 601,260円 579,120円

 

保険料:補償割合70%プラン
4歳以下/1,950円
5~8歳/2,930円
9~11歳/3,910円
12歳以上/4,750円
保険料:補償割合50%プラン
4歳以下/1,590円
5~8歳/2,390円
9~11歳/2,390円
12歳以上/2,620円

FPCフリーペットほけん公式サイト

加入条件に血統書の
提示と記載されていたので、
雑種(ミックス)は加入できないのかなと
思ったのですが、

・マイクロチップ証明書
・ワクチン接種証明書
・血統書
・販売契約書

上記のどれかひとつを提示すれば
加入できるそうです。

私が見た中で一番シンプルで
分かりやすいパンフレットでした。

金額のわりに補償内容が充実している
保険プランです。

その代わり多頭割引きや
ネット割りなどの割引制度はありません。

アクサダイレクトのペット保険

〇特徴〇

・知名度があるので加入されている方が多い
・治療費に下限がないので少額でも請求できる
・マイクロチップ割あり
・ネット申し込みなら初年度3,000円OFF
・獣医師によるペット相談が24時間できる
・歯の治療は対象外
・満8歳まで新規加入可能
・全国の動物病院が対象
・ミックス(雑種)は血統書より保険料が安い

 

保険補償割合 70% 50%
保険料猫0歳ミックス(雑種)

マイクロチップ無し

2,220円 1,790円
通院の支払限度額・日数 限度無し
入院の支払限度額・日数 限度無し
手術の支払限度額・日数 限度無し
年間補償限度額 70万円 50万円
保険料の上がり具合 4歳以降上昇するが14歳から保険料が上がらない
免責金額 無し
オプション特約 ペット賠償責任特約有(90円/月)
生涯保険料(0~20歳)

マイクロチップ無し

630,930円 500,800円

アクサダイレクトペット保険公式サイト

4歳以降になると値上がりの幅が
大きくなります。

が!

14歳~終身まで一切の値上がりがなし。
これは珍しいです。

長い目で見れば総保険料は
比較的安めだと思います。

獣医師さんによる相談窓口も
あるので、初めて猫を飼われる方も
高齢の猫を飼われている方も
心強いかと思います。

通院や入院、手術の限度額や日数制限が
ないのも特徴のひとつです。

年間最大補償額以内の治療費であれば
保険金を受け取る事が出来ます。

プリズムコールペット保険

〇特徴〇

保険補償割合プランが100%プランのみ
・生後60日以上から満9歳未満
・膀胱炎や腎不全など猫がなりやすい病気も対象
・保険料の値上がりがない
・多頭割引、福祉割引、ネット割引があり。
・ペットセレモニー保険金あり
・診断書費用保険金あり

保険プランは全部で5つ(シニアプランは除く)

グリーンプランⅡ
プレミアムオレンジプランⅡ
オレンジプランⅡ
ブループランⅡ
ホワイトプランⅡ

グリーンプランⅡが5つの中で最も
補償が手厚く保険料が高いです。

最高保証限度額や、
1日支払われる入院費用や
通院費の金額は違うものの、

入院や通院の限度日数や手術の限度回数は

グリーンプランⅡ
プレミアムオレンジプランⅡ
オレンジプランⅡ

共に同じです。

入院と通院のみ補償のブループランⅡ。
入院と手術が補償されるホワイトプランⅡ

色々なニーズに応えられる
充実した保険プランが揃っています。

プリズムコールペット保険公式サイト

100%補償と記載されていますが、
1日の限度金額設定が低い為、
自己負担額がかかる可能性があります。

保険料が値上がりしない分、
少しお高めの設定になっています。

13歳以降になるとシニア専用プランに
変更しなければなりません。
さらに保険料が上がります。

獣医師が作ったペット保険ペッツベスト

〇特徴〇

・補償割合が80%のプランのみ
・通院や入院、手術の回数制限なし
・1日の限度額なし
・全国の動物病院対応
・生後50日から16歳11ヵ月まで新規加入可能
・猫白血病や腹膜炎、免疫不全ウイルスの
治療中の猫は加入できない
・8歳以上の新規加入は健康診断が必要

病気やけがに備えてしっかり備える
補償内容が充実した『ファーストプラン』

お手軽価格で病気やケガに備える
『ベーシックプラン』の2種類の
保険のプランがあります。

ファーストプラン内容詳細
保険補償割合 80%
保険料猫0歳 2,210円/月
年間補償限度額 100万円
事故補償限度額 50万円/回
1回の事故に対する免責金額(自己負担額) 7,500円
生涯保険料(0~16歳)※16歳までしか記載されてませんでした 519,820円
ベーシックプラン内容詳細
保険補償割合 80%
保険料猫0歳 1,270円/月
年間補償限度額 50万円
事故補償限度額 25万円/回
1回の事故に対する免責金額(自己負担額) 20,000円
生涯保険料(0~16歳) 300,470円

ペッツベスト保険公式サイト

獣医師さんが作った保険だけあって
CTやMRIと言った
高度な先進医療にも対応しています。

どちらのプランも保険料の
上昇幅が本当に少ないです。

ベーシックプランで例えますと
猫0歳保険料→1,270円
猫16歳保険料→1,860円

倍以上保険料が上がる保険会社も
ある中でこの上昇幅の小ささは
凄いと思います。

大幅に保険料が上昇しない代わりに
免責金額の負担があります。

※免責金額は保険金を請求するのに
支払わなければならない自己負担金のことです。

全身麻酔を伴う歯の手術でも、
歯科の治療は保険適応外になります。

特定の病気やケガは
5,000円から20,000円の補償しか
ないので注意が必要です。

ペッツベストの最大魅力は
高齢になった猫ちゃんでも
保険料が安く、高度な治療や
高額な医療費が補償される事です。

アニコム損保ペット保険『どうぶつ健保』

〇特徴〇

・どうぶつ健保対応病院なら
窓口で保険金の手続きが出来る
・lineでも簡単に請求できる
・7歳11カ月まで新規加入可能
・しつけ・健康相談窓口あり
・迷子検索サポートあり
・どうぶつ健保ふぁみりぃプランのみ
多頭割・健康割引制度あり

 

どうぶつ健保には通院・入院・手術が補償の

『どうぶつ健保ふぁみりぃ』と

入院・手術のみ補償の『どうぶつ健保ぷち』の

2種類のプランがあります。

通院・入院・手術を補償『どうぶつ健保ふぁみりぃ』
補償割合 50% 70%
保険料猫0歳 2,500円 3,330円
通院の支払限度額・日数 10,000円/日(年間は20日まで) 14,000円/日(年間は20日まで)
入院の支払限度額・日数 10,000円/日(年間は20日まで) 14,000円/日(年間は20日まで)
手術の支払限度額・日数 100,000円/回(年間2回まで) 140,000円/回(年間は2回まで)
年間限度額 660,000円
保険料の上がり具合 徐々に上がっていき20歳の保険料は0歳の保険料より2,000円ほど上がる。
免責金額 なし
オプション特約 ペット賠償責任特約あり
生涯保険料(0~20歳) 636,850円 987,650円

 

入院・手術のみ補償『どうぶつ健保ぷち』
補償割合 70%
保険料猫0歳 1,090円
入院の支払限度額・日数 14,000円/日(年間は20日まで)
手術の支払限度額・日数 500,000円/回(年間2回まで)

どうぶつ健保公式サイト

高額になりがちな入院手術を手厚く補償。
0歳で1,090円~

7歳の猫ちゃんでも月額1,270円
なので多頭飼いの方にもおすすめです。

どうぶつ健保ふぁみりぃのみ
保険証を発行する事が出来るのですが、
保険証を対象病院に提出すると
その場で保険金が精算が出来るので
楽です。

他社と比べると保険料は高めです。
しかし通院入院手術合わせると
年間補償限度額が840,000円(70%プラン)と
補償額が高めなので、ここもポイントです。

少額短期保険株式会社げんきナンバーわん

〇特徴〇

・10歳以上は保険料一律
・休日や夜間救急でも保険金対象
・ネット加入ならお申し込みが完了した
翌日から補償開始
・生後45日~満7歳まで新規加入可能
・保険を使用する際
・免責金額(自己負担金)はかかるが
月々の保険料は安い
・全国の動物病院が対象

 

げんきナンバーわんスリム
補償割合 50% 70% 80%
保険料猫0歳 1,480円 1,690円 1,800円
通院の支払限度額・日数 なし
入院の支払限度額・日数 なし
手術の支払限度額・日数 なし
年間補償限度額 500,000円 700,000円 800,000円
保険料の上がり具合 10歳までゆるやかに上昇
免責金額 3,000円/日
生涯保険料(0~20歳) 420,390円 515,090円 565,480円

げんきナンバーワン ペット保険公式サイト

保険を請求しようと思ったら
1日につき3,000円の免責金額(自己負担金)が
かかります。
1日につき3,000円以下の治療費は
保険金が出ない事が分かります。

でも月々の保険料が安いのが魅力的です。
10歳以降の高齢猫の保険料も
2,090円
です。

通院や入院の支払限度額・日数に
制限がないので、日数のかかる病気に
なった場合も年間限度額以内であれば
安心して治療が受けられる。

ネット申し込みなら保険料がずっと
10%OFFですよ♪

i pet(アイペット)損害保険株式会社

〇特徴〇

・新規12歳11ヵ月まで申し込める。
・加入前の健康診断不要です。
・ネット申し込み割引あり
・多頭割引もある(割引率2%)
・1年間無事故なら無事故継続割引がある(5%)
・24時間電話相談窓口がある

アイペット対応病院のみ保険が使えます。

このようなステッカーが出入り口や
受付に貼ってあります。

アイペット保険は2種類の保険プランが
あります。

通院から手術・入院まで
幅広く補償してくれる『うちの子プラン』

補償割合 50% 70%
保険料猫0歳 2,400円~(年払いだと27,920円) 2,990円~(年払いだと34,780円)
通院の支払限度額・日数 12,000円/日まで(年間22日まで)
入院の支払限度額・日数  12,000円/日まで(年間22日まで) 30,000円/日(年間22日まで)
手術の支払限度額・日数 100,000円/回(年2回まで) 150,000円/回(年2回まで)
年間補償限度額 72.8万円 122.4万円
保険料の上がり具合 ゆるやかに上昇だが、12歳までの保険料しか記載されていない。
免責金額(保険を使う際にいる自己負担額) 無し
オプション特約 ペット賠償責任特約あり
生涯保険料(0~12歳)13歳以降は非公開 516,520円 667,290円

月々の保険料が0歳の時から高めの設定ですが、
年間補償限度額が他の保険と比べると
高額です。

 

『うちの子right(ライト)』

補償割合 90%
手術支払限度額 50万円(年2回まで)※手術を含む入院は10日間まで補償。
オプション特約 ペット賠償責任特約有り
生涯保険料(0~12歳) 176,200円
最低支払対象治療費 3万円

こちらの保険は手術のみ補償
保険料は猫0歳780円~からで
とてもお手頃です。

手術+入院(合わせて10日まで)費用90%補償。
※最低支払対象治療費3万円。

手術+入院がセットになって初めて保険金が
支払われる保険です。

入院だけでは保険金は支払われません。

12歳の高齢の猫ちゃんも新規加入できるのが
魅力ですね。

ネット割りや多頭割引、
無事故割引などサービスも充実。

ただ13歳以降の保険料が非公開なのが
少し不安ですね。

アイペット公式サイト

あんしんペット保険

〇特徴〇

・SプランやMプランは保険料が安いので
気軽に加入できる。
・終身ではなく20歳までしか補償されない
・全国の動物病院が対象

 

保険プラン 入院手術補償S 通院入院手術補償M 通院入院手術補償L
補償割合 80% 70% 70%
保険料猫0歳 460円 740円 1,830円
通院の支払限度額・日数 なし なし
入院の支払限度額・日数 なし なし なし
手術の支払限度額・日数 なし なし なし
年間補償限度額 500,000円/回(年手術2回まで) 700,000円/回(年手術2回まで) 700,000円/回(年手術2回まで)
保険料の上がり具合 ゆっくり上昇だが、13歳以降保険料は上がらない
免責金額 14,000円/回 14,000円/回 なし
オプション特約 ペット賠償責任特約あり
生涯保険料(0~20歳) 179,780円 265,640円 613,350円

 

SプランMプランともに
お手頃な保険料なのですが、
その分免責金額が14,000円/回と少し高額。

お守りがわりに加入してみても
いいかもしれません。

手厚い補償を求めるならLプランを
おすすめします。

あんしんペット保険は終身ではなく、
20歳までしか継続できませんが、
その分保険料が少し安めだと思います。

保険料は13歳以降上がらないのも魅力です。

あんしんペット保険

たむ子のつぶやき

簡単にですが、各保険会社の特徴と
紹介保険料の紹介させてもらいました。

少しでも参考にして頂ければ、
こんなに嬉しい事はありません。

ほとんどの保険会社が
高齢になるにつれて
右肩上がりに保険料が
上がっていくので
生涯かかる保険料の計算を
してみて慎重に選びたいですね。

免責金額の支払いを無しのプランだと
月々の保険料が若干高くなります。

免責金額支払うプランは安めです。

通院や入院の日数の制限がある保険会社も
あれば、日数制限の無い保険会社もあります。

しっかり読んで可愛い猫ちゃんの為に
合った保険プランを選びたいです。

猫の年齢とか関係なく、
思い立った時が
加入する時だと思います。

資料請求して実際比較してみても
いいかもしれませんね。

無料なので是非一度取り寄せてみては
いかがでしょうか。
ペットの保険選びは保険スクエアbang!ペット保険比較

愛猫の思わぬケガや事故、
病気でなどで多額の医療費が
必要になっても安心して治療が受けさせ
られるよう備えておきたいですね!

たむ子
私も申し込まなくては!

記事下

記事下

-猫の保険

Copyright© 毎日のほほんねこ日和 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.